Rolling in the Deep / Adele 和訳

Rolling in the Deep / Adele 和訳

元恋人への怒りを表現した楽曲

関西生まれJ-POP育ちのDJ17がおすすめ洋楽を紹介します。プロフィールはこちら

この曲はイギリスの歌手であるAdeleが元恋人に対しての「怒り」をぶつけた楽曲となっています。裏切ってもいいのよ、私がやり返してあげるからといった闘争心剥き出しの内容も含まれており、Adeleの声の力強さがこんなことを表現していたのかとわかるとまた違う聴き方もできます。この曲ではグラミー賞も受賞し、世界でも有名な司会者James Cordenの番組にある名物企画「Carpool Karaoke」でも一緒に歌っているので最後に紹介しておきます。Adeleの人柄も垣間見えてめっちゃおもしろいですよ。

Rolling in the Deep 和訳

[Verse 1]

There’s a fire starting in my heart

私の心の中で炎が燃え始めている

※怒っているときに、体が暑くなり、心拍数が早くなったりしますがそれを心の中で炎が燃えていると表現しています。

Reaching a fever pitch, and it’s bringing me out the dark

怒りは頂点に達したわ、やっと暗闇から抜け出せるの

※reach a fever pitch:非常に興奮する

Finally, I can see you crystal clear

ついに、あなたがはっきりと見える

Go ahead and sell me out, and then I’ll lay your shit bare

どうぞ裏切って、私もあなたがしたこと全てばらしてやるわ

※sell out:売り切る、完売するという意味もありますが、裏切るという意味でも使われます。

※lay ~bare: ~をあばく、晒す、秘密などをばらすという意味になります。

See how I’ll leave with every piece of you

あなたとの思い出の欠片を全て胸に抱いて 去って行く私を見届けて

Don’t underestimate the things that I will do

私がこれからすることを甘くみない方がいいわ

There’s a fire starting in my heart

私の心の中で炎が燃え始めている

Reaching a fever pitch, and it’s bringing me out the dark

怒りは頂点に達したわ、やっと暗闇から抜け出せるの

 

[Pre-Chorus]

The scars of your love remind me of us

あなたの残した愛の傷跡が私たちのことを思い出させる

They keep me thinkin’ that we almost had it all

その傷はもう少しですべてを手に入れられたと思わせてくるの

The scars of your love, they leave me breathless

あなたが残した愛の傷、それは息苦しさだけを残していった

I can’t help feeling

そう感じざるを得ないの

 

[Chorus]

We could have had it all

私たちはすべてを手に入れることができたのに

(You’re gonna wish you – never had met me)

あなたは思うでしょ、私に出会わなければよかったと

Rolling in the deep

わたしたちは繋がってた

※Rolling in the deep:Adeleは「ローリングストーン誌」で、roll deep(集団で行動する・つるむ)というスラングからきている造語と説明しており、「自分が困っている時に、いつでも支えてくれる人」だと語っています。したがいまして、ずっと心が通っていた、繋がってたというような意訳しています。

Tears are gonna fall, rolling in the deep

涙が出てくるわ かけがえのない存在だったのに

You had my heart inside of your hand

私の心はあなたのものだった

(You’re gonna wish you – never had met me)

あなたは思うでしょ、私に出会わなければよかったと

And you played it to the beat

そして、私の気持ちはあなたの思いのままだったわ

※play it to the beat:楽器を弾きこなすというような意味がありますので、ここでは彼女の気持ちと楽器を掛けていると思われます。つまり気持ちが彼の思い通りになっていたというニュアンスが読み取れます。

(Tears are gonna fall, rolling in the deep)

涙が出てくるわ かけがえのない存在だったのに

 

[Verse 2]

Baby, I have no story to be told

話すようなことは何もないけれど

But I’ve heard one on you, now I’m gonna make your head burn

あなたの話を一つ聞いたの これからあなたを苛立たせるかもしれない

※make your head burn は直訳すると「あなたの頭を燃やす」ですが、ニュアンスとしては頭が燃えるほど苛立たせるという意味となります。

Think of me in the depths of your despair

絶望の奥底で私のことを考えて

Make a home down there, as mine sure won’t be shared

そこで家でも建てるといいわ もちろん、そこで一緒に暮らすことはないけどね

 

(省略)

 

[Verse 3]

Throw your soul through every open door (oh-oh)

すべての開かれたドアをあなたの魂がくぐり抜ける

Count your blessings to find what you look for (whoa-oh)

探していたものを見つけた喜びを数えてみるといいわ

Turn my sorrow into treasured gold (oh-oh)

私の悲しみは大切な宝物へと変わった

You’ll pay me back in kind and reap just what you sow

あなたは同じやり方で報復していいわよ、自分で蒔いた種なんだから

※pay back :払戻す、仕返しをする、報復するという意味。in kindは同じやり方でという意味で一緒に使われることも多いです。

※reap what you sow:reapは種をまく、reapは収穫するという意味です。つまり、直訳は「蒔いたものを収穫する」ですが、日本語の「自分が蒔いた種だ」と同じ意味になります。

 

(省略)

 

今すぐ使いたくなる英会話シリーズ

歌詞の中から日常会話で使えそうなフレーズを紹介します。

男A:Hey Man, did you eat my pudding in the fridge? (なあ、冷蔵庫の俺のプリン食べた?)

男B:yea, that was so creamy and tasty. (あーめっちゃクリーミーで美味しかったわ)

男A:I’ll pay you back in kind tomorrow.(明日同じことやり返してやる

 

 

Adele Carpool Karaoke

いきなりHelloの歌詞を引用して電話して呼び出し爆笑をかっさらうJamesとAdeleの掛け合いはかなり見物です。なに言っているかわからなくて悔しいと思った人もいるでしょう。 そんな方は英語がわかるようになるまでの勉強方法についてプロフィールで紹介していますので気になる方は是非見てみてください。

 

音楽を愛しているあなたへ

Amazon Music Unlimited は、6,500 万曲以上の楽曲やプレイリスト、ラジオなどを楽しめる音楽聴き放題サービスです。ちなみに、Spotifyは約5000万曲、Apple Musicは約6000万曲となっており、ほかのサービスと比較しても圧倒的な量を誇っているんです。また、曲をダウンロードすればオフライン再生もできるので移動中などでも通信料の心配はいりません。いまなら30 日間無料で体験できますので、おすすめします。

【公式】Amazon Music Unlimited 無料体験 はこちら

いつでも解約OKなので、サービスがあまり自分とあわないと思った場合でも無料期間で辞めれば費用は発生しません♪