Among Us Song / #Nerdout 和訳 歌詞に込められた意味とは? 

Among Us Song / #Nerdout 和訳  歌詞に込められた意味とは? 

アマングアスをラップにしてみた(再生回数3000万回以上)

関西生まれJ-POP育ちのDJ17がおすすめ洋楽を紹介します。プロフィールはこちら

この曲は、YOUTUBEをメインで活動している#NerdOutというグループが制作した楽曲です。#NerdOutは2015年に結成されたEnglandに在住しているディレクターのJack、Nasville在住のシンガーBen、そしてNemという愛称を持ったラッパーの3人組です。なんとYOUTUBEの登録者数は300万人以上。彼らの曲はSpotifyなどからも聴くことができます。日本での流行も時間の問題かも?

この曲は、2018年にリリースされたオンラインSF殺人ミステリーゲームを歌ったものです。タイトルのAmong Usの意味は、「私たちの中に」ということです。ゲームの内容通り、宇宙船でカラフルな色を持ったキャラクターの中に裏切者が存在しており、その裏切者が仲間を殺していくといったストーリーをラップしています。

曲中では、犯人予測をしてお互いに疑心暗鬼になっている会話も盛り込まれており、ポップなミュージックビデオとリズム感が印象的!今後の活躍も期待ですね!

 

Amonf Us Song 歌詞 和訳

Cyan: “I’m definitely not an impostor.

シアン(青緑):俺は間違いなく嘘つきじゃない

※imposterは「詐欺師」という意味ですが、この曲では「嘘つき、裏切者」といったニュアンスでしょう。そして、ここでは裏切者のシアンが歌っています。

If I was, then I wouldn’t be one,

もしそうだったら、いや俺じゃないだろう

Cause I’m not one.

俺は違うからな

Even if I was, I wouldn’t say that I

たとえ俺だったとしても、俺だったって言わないだろう

Wasn’t, cause I’m not!

違う、絶対に俺は違うからな!

It’s Impossible! Implausible…

それは不可能だ!怪しいな・・・

※implausibleは「信じ難い、怪しい」という意味です。

I’m an Impostor Impostor

俺は嘘つきだ

Obviously I’m not an Impostor,

明らかに俺は違う

Honest to god, I should toss ya’ll,

神に誓って、コインを投げて決めるべきだ

Like a rotten salad!

まるで腐ったサラダみたいにな

Any evidence against me, far from valid.

俺の証拠は何かあるか 決して確実なものはないだろ

※far fromは「決して…ではない」という意味で使われることがあります

Like I’d never snap your neck,

お前の首を折ったり

※snapは「(パチン、ポキッと)音をたてる」という意味です。

Or stab your back,

もしくは背中を突き刺すような

Or crawl up through the smallest vent, ATTACK!

もしくは小さい通気孔から這い上がるか 攻撃!

※crawl upは「這い上がる」ventは「穴、通気孔」という意味です。

An Impostor’s a role I could never fulfill,

おれが決して果たせなかった嘘つきの任務

If you don’t believe me ask the guy that I just killed .”

もしお前が、俺がさっき殺した男に尋ねたことを信じないなら

Cyan: “Oh my god, Body reported, R.I.P Orange,

シアン:オーマイゴッド、死体が発見された オレンジ安らかに眠れ

※R.I.P はRest In Peaceの略で、「ご冥福をお祈りします」という意味です。ここからシアンの嘘が始まっています。

Look at this crime it’s so horrid, and morbid!

この犯罪を見てみろよ、めちゃくちゃ恐ろしくて病的だ!

※horridは「恐ろしい、いまわしい、実にひどい」、morbidは「病的な、憂うつな、陰気な」という意味。

Tragic, but let’s not linger…

悲劇的、しかしそれは後に残ることはない、、、

※lingerは「居残る、いつまでもいる、後に残っている」という意味。

Definitely wasn’t me.

間違いなく、俺ではない

Wanna point fingers?”

指を指したいか?

Somewhere within these walls, a villain does exist…

この壁のどこかに悪党が潜んでいるんだろ

※villainは「悪党、悪者」という意味で、よくマーベルシリーズでも使われる言葉ですね。

It walks inside the halls, and crawls beneath the surface of your ship!

それは、ホールの中を歩いている、お前の宇宙船の表面の下を這いつくばって

And when you breathe, you hear it.

そして息をすると聞こえるさ

And when you sleep, you feel it.

寝ていると、感じるだろう

It is impending doom, and yet it may be you.

それは迫りくる悲運なんだ、そして次はお前は番だ

※impending doomは「迫りくる破滅的状況、悲運」という意味で使われます。

Impostor imperceptible! (perceptible, perceptible)

知られざる裏切者

※imperceptibleは「気づかれないほどの、目に見えないほどの」という意味。

A Killer, so maniacal!

殺人犯、とても狂気じみた

※maniacalは「狂気の、狂った」という意味になります。

Extra terrestrial freak! (freak!)

地球上の最もおかしいやつ!

※extraは「特別な、余分の」という意味で使われ、terrestrialは「地球(上)の、この世の、陸(上)の」という意味です。Freakは「変わり者、きちがい」といった意味ですが、ここではとてつもなく頭がおかしい奴ということを表現したいのでしょう。

Impostor imperceptible! (perceptible, perceptible)

知られざる裏切者

Evil undetectable, Impostor imperceptible!

検出不能な悪事、知られざる裏切者

※Evilは「悪事、邪悪」などの意味でundetectableは「検出不能」なという意味です。

White: “Bout to go do my tasks, get this victory, then this dude asks….”

ホワイト:今まさに仕事にとりかかろうとしてる。勝利をつかみ取り、この男が聞くのさ、、、

Brown: “Hey why you followin’ me?!”

ブラウン:へい、なぜおれをつけてるんだ!?

White: “Cause you might be the killer! There’s vibes that I’m getting. Dude just do your task. Wait! that’s probably killing. But anyway I think…”

ホワイト:なぜならお前は殺人者かもしれないからな!雰囲気を感じてるぜ。さあ、仕事しろよ。待て!それは殺すことだろ。とにかく俺は思うんだ、、、

※vibesは「雰囲気、気分」という意味を表します。

Brown: “You kinda sus my guy.”

ブラウン:おまえはなんとなく怪しいな。

※susはsuspect(容疑者)やsuspicious(怪しい)の略であり、「疑わしい、怪しい」というような意味合い

White: “Who, me?”

ホワイト:誰?俺?

Brown: “Yeah I bet you got a rusty knife.”

ブラウン:ああ、お前が錆びたナイフを手にしたに違いない

White: “Nah”

ホワイト:違う

※NahはNoの口語表現として使われます。

Brown: “You just wanna stab me in the guts. I don’t trust you. You must be the Impostor, Cut the lies. Don’t believe you. You got blood lustin’ eyes.”

ブラウン:お前は俺の腹を突き刺したいだけだろ。お前を信じない。お前が裏切者に違いない。嘘をつくなよ。俺は信用してない。お前の瞳が血を求めているぜ。

※lustは「切望する、渇望する」という意味があります。

White: “Nah really dude, I’m just trying to fix the wires.”

ホワイト:全然違う。俺はただ、ワイヤーを修理しようとしてるだけさ

Brown: “Sure I know you can’t wait ‘til the lights go out, cause when it gets dark, that’s when the knives come out!”

ブラウン:わかった、お前はライトがなくなるのを待ちきれないんだな。なぜなら暗くなるとナイフが現れるから

White: “Okay, we’re in electric, they go out, I’ll fix it. But comin’ at me, I’ll eject you with quickness.”

ホワイト:オッケー、俺たちは電気室の中にいる、なくなっても俺が直すさ。俺を狙ってきても、すぐにお前を排除するから

※ejectは「追い出す、立ち退かせる」という意味。

Brown: “Hey watch out behind you!”

ブラウン:おい、後ろに気をつけろ

White: “Hey watch out behind you! ”

ホワイト:おい、後ろに気をつけろ!

Wow, we got double killed nevermind dude

ああ、二人一度に殺してしまった。気にしないでくれ

※ここでは、お互いに罪を擦り合って疑っている最中に、お互い後ろから殺されるというオチがミュージックビデオから読み取れます。

 

 

 

(省略)

 

 

 

Red: “I found a body, beside the reactor.”

レッド:死体をリアクターのそばで見つけたんだ

Blue: “Somebody killed Orange? Oh, you bastards!”

ブルー:誰かオレンジを殺したのか?このろくでなしが!

Black: “What we gonna do? This is a disaster.”

ブラック:どうするよ?これは悲劇だ

Red: “Everybody calm down, and tell me what your task was.”

レッド:みんな落ち着け、そしてなにをしていたか教えるんだ

Black: “I was in admin, swiping a card. But it wouldn’t go through, I was swiping too hard!”

ブラック:俺は管理室で、カードをスワイプしていた 通れなかったけど、めちゃくちゃ一生懸命スワイプしたんだ

※Adminは「管理室」のことを意味しています。

Pink: “I was downloading data to 100% I turn around and saw Blue standing next to a vent.”

ピンク:私は100%データをダウンロードしていたわ。そして振り返るとブルーが通気孔の近くに立っていたの。

Cyan: What!?

シアン(青緑):なに!?

Blue: “Somebody come watch me scan in the medbay!”

ブルー:誰か来てメッドベイで俺がスキャンするのを見たのか!

※medbayは「医務室」のことで、通気口、スキャナー、4つのベッドがある

Pink: “I say we vote now to get rid of some dead weight.”

ピンク:いまから重荷を取り除くために投票しましょう

Cyan: “But I saw Purple lurkin, so suspicious she kept flipping switches at the O2 censors!”

シアン:けど俺はパープルがうろついているのを見たぜ。とても怪しかった。O2センターでスイッチをずっとはじいていたんだ

※lurkは「こっそり歩き回る、うろつく」という意味です。

Green: “Switches? That’s a keypad. This guy sus! Acting like he’s a crewmate just like us!”

グリーン:スイッチ?それはキーボードだ。こいつ怪しい!彼が俺たちみたいなクルーみたいに振る舞ってやがる

Pink: “Kick him off!”

ピンク:彼をつまみ出せ!

※kick offとは「追い出す」という意味で使われます。

Blue: “That’s the only way to protect us!”

ブルー:それが唯一の俺らを守る方法だ!

Black: “Bye bye cyan.”

ブラック:バイバイ、シアン

Cyan: “You’re gonna regret this!”

シアン:後悔するからな!

 

 

 

(省略)

 

 

 

 

 

 

 

今すぐ使いたくなる英会話シリーズ

歌詞の中から日常会話で使えそうなフレーズを紹介します。
男A:Hey Man, Do you know #NerdOut?

(なあ、#NerdOut って知ってる?)

男B:Of course Yes, their music has vibes!

(もちろん知ってるで、彼らの音楽は雰囲気あるよな!)

 

 

気になる曲の和訳をしてほしい方はこちら

歌詞の意味を探しても見つからない方のご要望に応えて洋楽和訳サービスを始めました!!